今、行動せずに待っていれば、
あなたがせっかく持っている
「カウンセリング」「コーチング」の技術
生活できるだけの収入が得られるでしょうか?

コロナ禍でやっと、日本でもリモートの技術で
「自分らしく」稼げるようになりました。

キャリア教育講師として、世界中の
クライアントをリモートで支援・教育し、
お互いを尊重し合うような生き方をしてみませんか?

 


こんにちは。(株)キャリアデザインACDRです。
弊社代表の野村はコロナ禍で起業、「キャリア教育」と「ITシステム」を組み合わせて開発した独自のコンテンツを発表し、毎月100万~150万を売り上げを継続し、一年も経たない間に法人化を果たし、今も次々と、「キャリア百科辞典ライブ」「キャリコンゼミ」「マーケティング勉強会」などなど新しい企画に取り組んでいます。
でも、おそらく毎日5~6時間くらいしか働いていません・・・(^-^; 

   彼女は天才だったのか?

いえいえ、彼女は55代半ばも過ぎた、ITがどっちに向いているかも分からない、ごく普通のおばさんキャリアコンサルタントでした。


コロナ禍まで、義務教育の現場に常勤していたキャリアコンサルタントの野村ですが、キャリアコンサルタントやスクールカウンセラーのほとんどが有期雇用で突然、仕事を失っています。

「リモートで授業をする時代が来る!」と確信したものの、何をどうすればよいのか分からなかったごく普通のコンサルタントでした。
LPって何?
プログラム言語って何?
HTMLって何?JAVASctiptって何??
昭和生まれには当たり前なのですが、システムエンジニアでもない限り、ITだのAIだの言っても、大学時代にはタイプライター、やっとワープロが出てきた大学時代、携帯電話やパソコンなんて、や~と30代の半ばで
身近になったような世代の人間です。

代表はもちろん、その講座受講生たちも、IT知識ゼロから
「キャリアデザインインストラクター養成講座」の受講を
しただけで、今やシステムを使いこなし、会社勤めをしながら、
楽しそうに
毎月10万、15万といった副収入を得たり、
いきなり「キャリア教育講師」としてデビューして、
1コマ1~2万のセミナー講師料を得ているのか?
そして、副収入を得ながら、3日で100万以上稼げる
キャリア教育講師を目指している
人が続出しているのか?


あえてその理由を挙げるなら、受講生には以下のような特徴の人が多かったからかもしれません。

 本当は何がしたいかよく分からなかったので、あれこれ資格の勉強をしていた。

 人から頼まれるとNoと言えないタイプで、仕事でも燃え尽きた経験がある。

 上司や同僚に「尽くす」の好きである。

 社会の役に立てる仕事がしたかったが、なかなか生活できる仕事がなかった。

 仕事は、真面目に頑張っていたけど、本業だけでは将来が不安になった。

 カウンセリングやコーチングを学び、人を応援できる仕事をしたいと思っていた。

 自分の経験を活かした「講師」という仕事にいつか就いてみたいと思っていた。

 早期退職したくてフリーランスという働き方が気になっていた。

 あなたは上記のチェックリストのタイプに、一つでも当てはまっている方でしょうか?
もし、全く当てはまっていなければ、この講座はあなたの役には立ちませんので、ここで読むのをやめてください。本当にごめんなさい。


「キャリアコンサルタント」が国家資格になって早5年。
民間資格だった臨床心理士も国家資格「公認心理師」に移行して4年。
日本は精神的に病んでいる人が多いため、また自分自身がバーンアウト(燃え尽き症候群)で悩んだ時期を乗り越えて、人を支援する側になりたいという優しい日本人はとても多いです。
また、コーチングといった技法が日本に入ってからは、コーチになりたいと憧れている人は多数おられます。

またみんな一応に勉強熱心で、資格取得後もロープレや理論の学びを継続し、そこにも多くのお金をつぎ込んでいます。
けれども、受講料の元が取れない。
いつ、現場でカウンセリングができるのかも分からない。

理論の学びやロープレばかりで、本当にそれが現場で役に立つかさえ分からない。

有期雇用の仕事しかなくて、支援する自分が支援される側になりそう。
こういった声は、リアルな現場の声です。


厚生労働省が発表した下記の調査を見てください。
キャリアカウンセリングの導入は国家プロジェクトだったはずなのに、
「会社がそのカウンセリング費用を負担してくれるなら受けてもいいけれど‥‥。」という人が絶対多数です。
そもそも、病んで休職中ならいざ知らず、そんな暇があるゆとりのある生活なら、まず自分で能力開発をしています!!

 


お金と時間をかけて取得した「キャリアコンサルタント」という資格

「コーチング」や「カウンセリング技法」をどう生かすのか?
どうやったら収入になるのか?

ほとんどの人が、気が付いているかもしれません。
でも、認めたくない。
キャリアカウンセリングだけで食べていけている人なんて、国内に数人くらいしかいないことに・・・。